ここでは、このサイトが取り上げている「眼瞼下垂」とはいったいどのようなものなのかと言う点について解説させていただきます。

眼瞼下垂は、「がんけんかすい」と読み、上の瞼が開きにくくなるという症状が主な症状となる病気です。「眼瞼」という用語を聞きなれない方もいるかと思いますが、これはまぶたのことを指します。

眼瞼下垂は上の瞼が、下に垂れてしまう症状をさすようで、先天的な理由で発生する場合と、病気・加齢・コンタクトレンズの利用などといった後天的な理由で発生する場合があるそうです。

後天性の場合は前述したようなケースを筆頭に、基本的には目の酷使や極度のストレスなども原因のひとつとして考えている意見もあるようです。

眼瞼は皮膚が非常に薄く、血管が集中している箇所です。そのため、病状としては「腫れる」などの外見的な変化が発生することが多くあります。また、瞼が垂れ下がるという症状も発生するため、視野が狭くなることも多いそうです。

これらの症状が影響して、肩こり・眼精疲労などの実際の病状とは別の箇所に痛みなどが発生するということが多くあるそうです。

眼瞼下垂のなかには、前述したような単純なものではなく、ほかの思い病気が原因となって併発している場合もあるそうですので、眼瞼下垂の疑いがある場合には必ず眼科を受診することが大切です。

眼瞼下垂は、眼瞼下垂を引き起こした原因の病気を治すことや、手術などが有効な治療とされており、早ければおよそ2ヶ月程度で治すことができるとされています。

眼瞼下垂は、眼瞼下垂を引き起こした原因の病気を治すことや、手術などが有効な治療とされており、早ければおよそ2ヶ月程度で治すことができるとされています。